若年性脱毛症の原因とは

早い人では10代の後半から薄毛の症状が現れることがあり
これを「若年性脱毛症」もしくは「若ハゲ」と呼んでいます。

 

若年性脱毛症

30代以降に現れるAGAは前頭部や頭頂部などの一部が薄毛になるという症状ですが

若年性脱毛症の場合は髪の一部が抜け落ちることもあります。

 

原因はストレスや、AGAを起こす男性ホルモンのバランスの乱れ
また若いうちは睡眠時間が少なくても次の日には元気であったり
ついつい暴飲暴食をしてしまいがちでこれら生活習慣の乱れが更に症状を進行させてしまいます。

 

ストレスが原因の場合はそのストレスを取り除くことで症状が改善することはあります。

 

また症状が進んでしまうと改善しにくいAGAと比べると
バランスの取れた食事と睡眠時間をたっぷりととるなど
生活習慣を見直すことで症状が改善しやすいとも言われています。

 

しかしいつまでも症状が改善しない場合は内臓の病気であることも考えられるため
症状が現れたら早めに医師に相談することをおすすめします。

 

植毛の費用と効果

日本人男性に起こりやすい薄毛のタイプについて

日本人男性に起こりやすい薄毛のタイプは主に3種類あります。

 

前髪のある前頭部の両側が後退していく「M字はげ」
白人に多い薄毛のタイプですが日本人でも悩まされている人は多いです。

 

また前頭部の真ん中が後退する「U型はげ(もしくはA型はげとも)」については
症状が進行しやすく、また対策が遅れると症状が改善しにくい場所でもあります。

日本人男性に多い薄毛のタイプ

 

一方で頭頂部が薄くなっていく「O型はげ」は日本人で
最も悩まされている人が多く、自分でも気づきにくい場所であることから気づいた時には進行していることが多いです。

 

いずれもタイプもAGAの典型的な症状であり
AGAを起こす男性ホルモンを作り出す酵素が前頭部や頭頂部に多く存在していることから
これらの場所の薄毛が起こりやすいと考えられています。

 

育毛剤を使用する際にはこれらの場所に適したタイプが販売されていますので選ぶ時には注意が必要です。

 

また加えて生活習慣を改善することで症状改善を目指しましょう。